故人と向き合える直葬

直葬によって故人への敬意を表そう

審美眼




直葬という、現代社会のニーズに合わせた新しい葬式が今大きな注目を集め、その賛同者の数を増やしている。
この直葬とは、通常の葬式の多くに見られる通夜や告別式といったプロセスを一切排除することで、その手間と費用とを削減するという、新しい形での葬式である。

この、従来の葬式のやり方とは異なった、手間暇を失くしたその在り方を批判する者も多くいる。葬式とは死者を偲び、その生命の重さを尊ぶ舞台であるのだから、それを切り取りしようなどという行為は、ひどく不躾であると、このような意見ばかりをいただくものだ。
確かに、葬儀という行為は残された者たちがその故人の死を受け入れるための重要な演出に他ならない。だからこそ、豪奢で厳かな葬式に仕立て上げたいという気持ちもよく分かる。

しかし、本当にそれだけであろうか。もっと私たち人間は、葬式というものに人間本来の審美眼というものを向けるものではないのではないだろうか。
死者を弔うということ。残された生者のこと。そういったことを改めて見つめ直していった先の答えが、もしかしたらこの直葬という到着点ではなかったのではないだろうか。

これから、この直葬について考えてみよう。今まで当たり前のようでいて、意識すらしなかったことが、この直葬を通して浮かび上がってくることもあるかもしれないのだから。


最近では、色々なスタイルで葬儀 横浜が行われていますよね?予算やサービスに合わせて希望の葬儀を行なうことができるから、選んでみよう。



What's New

2013/03/08
耳より記事2を更新。
2012/11/29
耳より記事を更新。
2012/07/27
別段何もを更新。
2012/07/27
先にあった答えを更新。
2012/07/27
判断を更新。
2012/07/27
グッとを更新。
2012/07/27
故人と向き合える直葬を更新。
2012/07/27
ホームページリニューアル

Recommend Entry

形だけでも

時間や金銭面を考えて直葬を選ぶ人が増えてきています。故人のちゃんと気持ちさえこもっていれば形だけの葬儀でも十分なのです。偲ぶ気持ちをさえあれば直葬で十分ですよね。

時間

今の時代、時間は、場合によってはお金よりもさらに大事な資源です。葬儀は多くの時間を使うことになりますから、それをかなり節約できる直葬を選ぶ人も増えてきています。